2018年08月20日

歯ぎしりに注意

歯を失う原因はむし歯と歯周病です。

もう一つ、大きな問題となっているのが歯ぎしりです。

場合によっては、長年の歯ぎしりが原因で、

奥歯が真っ二つに割れるというケースもあります。

歯ぎしりの原因は様々です。

歯並びが悪い、咬み合せが悪い、ストレスなどが挙げられます。

50歳を過ぎると長年の咬む力によって、

歯に目に見えないヒビが入り、

歯ぎしりで破折してしまう事が多くなります。

定期的に歯の健診を受け、

場合によってはマウスピースなどによる

予防と治療を行う必要があります。





口臭治療からインプラントまで対応いたします。

一生自分の歯で食べましょう!

田尻歯科のホームページは
 コチラ



歯学博士、日本口臭学会認定医が開発した口腔化粧品テュア

歯周病、口臭予防を本気で考えた歯みがきジェルです


  


Posted by MOTO at 15:52Comments(0)歯科

2018年03月17日

歯医者嫌いな方へ

田尻歯科へ初めていらっしゃる患者様は、

お話だけで最低30分の時間を使います。

なぜなら、これから先、できるだけ歯医者さんへ

来なくていい方法について話すからです。

おかしいでしょう?

でも、みなさん、歯医者さんへ行きたくないですよね。

では、30分かけてどんな話をするのか?

それは治療方法についての話ではありません。

歯医者さんに来なくていい秘訣を話します。

昨日も4名の患者様に同じ話をしました。

みなさん、しっかり私の話を聞いていただき、

歯医者さんに来なくていい方法をご理解していただきました。


どうか、初診の患者様はお時間に余裕をもってご来院ください。






田尻歯科のホームページは こちら





オーガニックな歯みがきジェル。

泡が立たないナチュラルな使用感。

身体に優しく、口臭を予防したい

という方におススメです。

歯学博士、日本口臭学会認定医が開発した

口腔化粧品テュアの情報は


こちら

  


Posted by MOTO at 09:43Comments(0)歯科

2017年09月04日

歯科訪問診療の勉強会



昨日は歯科訪問診療の勉強会へ参加しました。

日本は超高齢社会を迎え、

歯医者さんへ行きたくても行けない方が

年々、増加しています。

そのような方のために、

歯医者がご自宅などに訪問して、

歯科治療を行うシステムがあります。

様々な注意点や工夫等について、

学んできました。




田尻歯科のホームページは こちら

  


Posted by MOTO at 10:16Comments(0)歯科

2017年07月18日

災害時も歯みがき・口腔ケアを

九州豪雨で被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。

被災後はライフラインが止まり、歯みがきや口腔ケアが難しくなります。

未だ、避難場所でお過ごしの方々も多いと思いますが、

高齢者は口腔ケアができず、お口の中が細菌だらけになると

気管にその細菌が入り、誤嚥性肺炎の危険が増します。



全く水がない場合の口腔ケアについてご紹介します。

①ティッシュを指に巻き付ける

②ティッシュを巻き付けた指先で、歯の表面を擦る

③ティッシュが汚れたら、巻き付けた部分をずらして擦る

④これを歯1本ずつ、丁寧に行う



もし、歯ブラシがあれば、ブラシの汚れをティッシュで

ふき取りながら歯みがきしましょう。

最後に災害用非常袋の中に、

家族全員分の歯ブラシを入れておきましょうね。





田尻歯科のホームページは こちら

  

Posted by MOTO at 14:35Comments(0)歯科

2016年10月17日

コーラで歯が溶ける!?酸蝕症とは?

先日、キャンプでご一緒させていただいた方から質問。

「コーラを飲むと歯がギシギシした感じになるのはなぜか?」


答えから先に述べると、これは「酸蝕症」です。



歯の表面にあるエナメル質は酸で溶けるのですが、

市販の飲み物の中で、pHが5.5以下というものがかなり多いようです。

代表的なものがコーラでpHが2.2と胃酸にやレモンに近く、

酸で歯を溶かす代表的な飲み物です。

もしこのような飲み物を習慣的に飲み続けると酸蝕症となります。



う蝕と酸蝕症とは別のもので、う蝕は一般にいうむし歯で、

酸蝕症とは、酸性の食べ物、飲み物などで歯が溶けることをいいます。



対処方法としては飲食後に歯みがきするのではなく、

水でうがいして、中和するのが、簡単で効果的な方法だと思われます。



みなさん、注意しましょうね!




田尻歯科では、先月、最新の口臭測定器を導入しました。

この測定器で、口臭の強さとその原因を分析できるようになりました。

口臭に悩む前に、自分の口臭をシロクロ、はっきりさせませんか?

田尻歯科では、この口臭測定器導入を記念して、キャンペーンを実施中。

内容はワンコイン500円でこの口臭測定器を使って、測定します。





田尻歯科のホームページは コチラ





◇田尻歯科が行っている口臭治療について、こちらをご覧ください。

当院では日本口臭学会認定医が口臭治療を行います。

確実に口臭の悩みを解消したい方は専門的な口臭治療が必要です。

くわしくは こちら をご覧ください。


タジリ式歯周内科の動画  ↓↓↓





◇田尻歯科が行っている歯周治療について、こちら

◇田尻歯科が行っているオーラルプラセンタ療法について、こちら

◇田尻歯科が行っているインプラント治療について、こちら


  

Posted by MOTO at 12:09Comments(0)歯科

2016年04月22日

災害時の口腔ケアの重要性について

熊本地震では未だ多くの方々が避難生活を余儀なくされており、

物心共にご傷心のこととご推察申し上げます。

一日も早く平穏な日々が戻ることを祈るばかりです。


熊本、大分の方々が、一番困っているのは水不足だと思います。

水不足によって、歯みがきができない日が続いているのではないでしょうか?

口腔内が不潔になると菌が増殖して、肺炎を起こしやすくなります。

特に高齢者では誤嚥性肺炎のリスクが高まります。



また、避難場所では人目が気になり、長期間、入れ歯を外さないままでいると、

菌が増殖して、誤嚥性肺炎になりやすくなります。



歯ブラシが手元にない場合は、ティッシュやタオルで歯や歯茎を

拭うだけでも効果があります。

また歯みがき粉がなくても、歯ブラシだけでの歯みがきで十分効果があります。




エコノミークラス症候群が起こっているとの報道がありましたが、

これからも肺炎などの予防も考える時期になったと考えられます。

皆さん十分ご注意ください。




◇日本口臭学会認定医が行う口臭治療について、こちらをご覧ください。

口臭についてお悩みの方へこちらの動画をご覧ください↓↓↓




◇田尻歯科のインプラント治療について、こちらをご覧ください。

◇田尻歯科の歯周治療について、こちらをご覧ください。

◇田尻歯科のオーラルプラセンタ療法について、こちらをご覧ください。

  

Posted by MOTO at 09:26Comments(0)歯科歯周病予防

2014年08月21日

ダウン症と歯科的問題

タイの代理出産の問題は悲しい出来事でしたね。

ダウン症は1000人に1人の割合で起こり、高齢年齢では発現頻度が高くなるようです。

原因は染色体21番目にみられるトリソミー(通常2本あるものが3本存在する)とされています。



ダウン症の特徴は顔貌、精神発達遅延、温厚で人懐っこい性格。

ダウン症の40%に先天的な心臓疾患がみられ、白血病、腸の奇形等も発生する場合があります。



口腔内の特徴としては、巨大舌、歯の咬合異常、歯の萌出遅延、歯数の異常、歯の形態異常、

溝状舌などがみられます。



ダウン症の歯科的な問題は、心臓疾患の発現頻度が高いため、口内細菌の心臓への感染に

十分注意が必要です。

抜歯など血が出るような治療を行う前は、前もって抗生剤を内服していただき、

感染予防をしっかりすることです。

また、歯肉炎や歯周病などを起こさないよう常に口腔内を清潔に保ち、

全身への口内細菌の感染を防ぐことが健常者より必要になります。



ご心配ならば、歯医者さんでいろいろご相談されてはいかがでしょうか?

全身への感染予防のため、歯科健診を年に何度か行えば心配ないと考えます。




田尻歯科では口腔外科、口臭治療等、様々な特殊な歯科治療を行っています。
詳しくは こちら をご覧ください。

  

Posted by MOTO at 16:47Comments(0)歯科

2013年12月12日

え~!アメリカの歯科治療費ってこんなに高い!

2年ほど前に田尻歯科へ来院された米国在住の患者様が先日、またいらっしゃっいました。

ご存知のようにアメリカは日本のような健康保険制度がありません。

病院で治療するには、自動車保険と同様な医療保険に加入してない場合、10割自費です。

飛行機を使ってでも日本へ来た方がアメリカで治療するより安いとその患者様はお話しされました。





アメリカでは3人に1人が治療費が払えず、歯科治療を諦めているのが現状です。

ちなみにアメリカでは歯のクリーニング6,500円、神経を処置する治療7万円、金属等でかぶせる治療8万円。

日本では考えられないくらい高額です。

この実態は NHK総合テレビ海外ネットワーク  で報道されました。








いずれにしても日本の健康保険制度は素晴らしいと思います。

米国では治療したくても費用の問題でできない方が多いのに、日本では少々歯痛があっても放置するという皮肉な現状。

年末の忙しい時期ではありますが、もしむし歯等気になるところがあれば、早めにお近くの歯医者へ行きましょう!

我が国は優れた健康保険制度があるのですから。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


田尻歯科医院は口臭治療を行っております。

口臭予防のヒントはこちら



過去のセミナー、メディア取材は   コチラ
  

Posted by MOTO at 15:25Comments(0)歯科

2013年10月19日

スポーツドリンクで歯がしみる!



今年の夏、ペットポトル症候群なるものが話題となりましたが、それと関連のある話をご紹介します。

ペットボトル症候群とは糖分の多いスポーツドリンクなどを熱中症対策として、飲み過ぎ、高血糖状態になることをいいます。

先日、「歯がしみる」という主訴で小学生の患者さんが来院されました。この患者さん、むし歯などはなく、健康そのものですが

唇がカサカサで唾液もネバネバしており、常に口が乾燥した状態でした。


①スポーツをしていてスポーツドリンクを多量に毎日飲んでいますか?

②スポーツをする上で、プレッシャーなど何かストレスを感じることが多いですか?

この2つの質問をしたところ、2つともに「はい」でした。

このことより酸蝕症による知覚過敏であると推測しました。


酸蝕症とは、酸によって歯のエナメル質が溶かされることです。

虫歯の原因は細菌と糖質によってできる酸ですが、酸蝕症は食べ物や飲み物、あるいは食品添加物に含まれる酸が原因です。

酢や柑橘類のほか、スポーツドリンクをはじめとする清涼飲料水にも酸が含まれます。

お口の中が酸性になっても普通は唾液で中和され、唾液中のミネラルで修復され、元に戻るのですがこの患者さんの場合、

スポーツをしている時のプレッシャーで緊張状態が続く、唾液がうまく出ないので長時間、歯が酸にさらられたままになっていたのです。

また、几帳面な方は唾液が出て中和される前に歯磨きをしますので、酸性状態が続き、さらに歯ブラシで摩擦されると、

歯が溶けたり削られたりします。


このようなスポーツドリンクによる酸蝕症の予防方法は飲み物を水のみにする事、飲食直後の歯みがきを禁止、

キシリトールガム等を食後に噛み唾液分泌を促進する等です。

この患者さんの場合もそうですが、日頃から緊張するような場面が多い方は唾液分泌が低下するので、

プレッシャーなどのメンタル面のケアも必要と考えます。

知らない所に潜んでいる歯のトラブルは多いですね!




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


田尻歯科医院は口臭治療を行っております。

口臭予防のヒントはこちら



過去のセミナー、メディア取材は   コチラ
  

Posted by MOTO at 11:00Comments(0)歯科

2013年10月05日

歯はできるだけ削らない方がいい!?

歯科で治療した歯には寿命があり、一生使える詰め物や被せ物は非常に少ないのです。

1995年の口腔衛生学会誌によるとレジンと呼ばれる樹脂で埋める材料で5年、

インレーという金属で埋める治療で5~6年、

歯を全体を覆うように被せる冠で8年という発表がありました。

このことから、若いころに被せものをされた歯は健康な歯に比べて、10年間で約8倍歯を抜かれるリスクがあるそうです。

また、30歳代で被せ物をされた歯は約6倍抜かれる確率が高いというデータが発表されています。












歯を失わないためには、むし歯にしないというのが最良の策です。

そのため、今の歯医者さんはもし、むし歯になったら出来るだけ歯を削らない方法を考えます。

みなさんのお口の中に治療してしまった歯があれば、最善の予防策を日々行う必要があるのはいうまでもありません。

治療している歯が多い方は、一度、かかりつけの歯医者さんに相談してみましょう。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


田尻歯科医院は口臭治療を行っております。

口臭予防のヒントはこちら



過去のセミナー、メディア取材は   コチラ
  

Posted by MOTO at 09:15Comments(0)歯科

2013年09月25日

むし歯予防は歯みがきではありません!



このグラフはステファンカーブといいまして、むし歯になる工程を話す上で欠かせないものです。

糖質のものを口から摂取すると口の中は酸性に傾きます。そう、酸が発生するのですね。

そうするとその酸が歯を溶かし始めます。

丁度こんな具合に↓↓↓↓↓



食後の歯みがきは酸性になった口の中を中和してくれる唾液の働きを妨げるので、

食直後に歯みがきすると歯が溶ける状態が長くなります。

むし歯予防=食後の歯みがきは実は間違いなのですね!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



田尻歯科医院は口臭治療を行っております。

口臭予防のヒントはこちら



過去のセミナー、メディア取材は   コチラ
  

Posted by MOTO at 10:33Comments(0)歯科

2013年09月09日

歯周病のママは早産になりやすい!?




歯周病のママは早産になりやすいってご存知ですか?



歯周病が早産を誘発するメカニズムは次のように考えられている。

ご存知のように歯周病の原因は歯周病菌です。

口の中に歯周病菌が増えると、免疫のバランスが崩れ、免疫を担当する細胞から血中に

「サイトカイン」という情報伝達物質が出されます。

このサイトカインが出過ぎると炎症が起き、歯肉や歯を支える骨などを破壊する酵素が出やすくなり、

歯周病が進みます。


ところが、妊婦の体内では血中サイトカイン濃度は出産のゴーサインと勘違いされるのです。

サイトカイン濃度が高まると、妊婦の子宮筋を収縮させる“スイッチ”が入ります。

いわゆる陣痛促進剤と同じ役目ですね。

妊婦が歯周病の場合、正期産以前(妊娠37週未満)に血中サイトカイン濃度が高まるため、

子宮筋を収縮させるスイッチが間違って入り、十分に成長していない状態で赤ちゃんを産む早産のリスクが高まります。







チリでは、妊娠9~21週までの400人の妊婦を対象にした臨床試験が行われ、歯周病治療をした群は、

治療しなかった群に比べて早産・低体重児の発現率が約1/5に減ったという報告があります。



妊娠する前に歯周病などのお口の健康診断をするとともに、妊娠後でも歯周病を治療すれば、

低体重児出産のリスクを減らせると考えれれます。

ぜひ、ご結婚が決まったら歯医者さんへ行きましょう。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



田尻歯科医院は口臭治療を行っております。

口臭予防のヒントはこちら



過去のセミナー、メディア取材は   コチラ






  

Posted by MOTO at 10:11Comments(0)歯科

2013年09月06日

歯みがきができないと子宮頸がんになる?




がん予防研究(Cancer Prevention Research)によると、歯磨きを行っていない女性は、

子宮頸癌(けいがん)の原因となっているヒトパピローマウィルス(以下、HPV)に感染する確率が

圧倒的に高いという報告がありました。



HPVは子宮頸がんの原因とされており、低リスク型HPV は人の免疫で撃退できるものの、

高リスク型HPVになってしまうと薬の投与が必要です。

HPVは感染力がとても高いためで、女性は特に注意したいウィルスなのです。



アメリカ全国健康栄養調査が、2011年から2012年の間に集めた3,439人のデータを元に

口内環境とHPVの関連性を調べる調査を実施した結果、歯科医師が「口腔ケアを怠っている」と

判断した人たちの56%がHPVに感染する確率が「とても高い」と診断されました。

いったんHPVに感染してしまうと子宮頸がんのリスクが高くなり非常に怖いですよね。



口腔ケアが悪いことがHPVの直接的原因ではないものの、歯茎が弱っているとHPVが

体内に入りやすくなってしまうためHPVに感染するリスクが高くなるというわけです。



テキサス大学のマルカム博士は、口腔ケアを十分行い、口内を健康に保つことがHPV予防にもなると提唱しています。

残念ながら、HPV感染者の多くが口から感染したとは夢にも思ってもいないのだと述べています。



女性らしい綺麗な口元を保つため、また口臭予防のため、口腔ケアは大切です。

そして女性特有の病気、子宮頸がんの予防のためにも近くの歯医者さんでお口の健康診断受け、

正しい口腔ケアを教えてもらいましょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



田尻歯科医院は口臭治療を行っております。

口臭予防のヒントはこちら



過去のセミナー、メディア取材は   コチラ



  

Posted by MOTO at 10:09Comments(0)歯科

2013年07月12日

チューイングシンドロームって知ってますか?



皆さん、メタボリックシンドロームって聞いたことありますよね。

内臓脂肪症候群=メタボリックシンドロームですけれども、「チューイングシンドローム」ってご存知ですか?

チューイングシンドロームとは咀嚼器症候群といわれ、お口に関する生活習慣病のことです。

最近、メタボリックシンドロームととチューイングシンドロームは密接な関係があることが分かってきました。

メタボリックシンドロームを予防・改善するにはチューイングシンドロームを改善することが大切だそうです。

お口の機能である咀嚼と嚥下(飲み込むこと)がいかに大事かがわかりますね。

もし、お口の健康できになることがあれば、すぐに歯医者へ行きましょう!





-----------------------------------------------


九州・山口の口臭についてお悩みの方々へ

口臭があるから他人の仕草が気になる、口が常にネバネバする、家族に口臭で悩んでいるのに理解してもらえない等々

口臭をどこで治せばいいのかお困りではありませんか?

先日、KBCテレビ  「アサデス。」   で口臭治療の専門家として取材を受けました。





口臭でお悩みの方、是非、田尻歯科口臭外来へご相談ください。

田尻歯科のホームページは こちら です。
  

Posted by MOTO at 15:47Comments(0)歯科

2013年06月25日

よく噛むための10か条

今週末、東京国際フォーラムで日本顎咬合学会学術大会があり、出席します。



咬み合わせって大切ですよね。

また、よく噛むことは健康維持には必要不可欠です。

「よく噛むための10か条」を参考にされて生活習慣病の予防にお役立てください。





九州・山口の口臭についてお悩みの方々へ

口臭があるから他人の仕草が気になる、口が常にネバネバする、家族に口臭で悩んでいるのに理解してもらえない等々

口臭をどこで治せばいいのかお困りではありませんか?

先日、KBCテレビ  「アサデス。」   で口臭治療の専門家として取材を受けました。





口臭でお悩みの方、是非、田尻歯科口臭外来へご相談ください。

田尻歯科のホームページは こちら です。
  

Posted by MOTO at 12:15Comments(0)歯科

2013年06月05日

むし歯予防週間スタート

6月4日は6,4のムシの語呂合わせで、むし歯予防デーです。

そして、本日よりむし歯予防週間が始まりました。

むし歯予防週間は、日本歯科医師会が、歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、

歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療を徹底することにより

歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを目的としています。

平成25年度は 「健康は 食から 歯から 元気から」の標語のもと、

全国各地で地域住民参加型の各種啓発事業を展開しております。









田尻歯科医院でも、担当している幼稚園で歯科健診&保護者向けの口腔ケアのミニセミナーを行いました。

口腔ケアは年齢ごとに方法が異なります。幼稚園のお子さんはむし歯予防のための口腔ケアが必要ですので、

今回、そのような話をいたしました。




福岡県下で口臭についてお悩みの方々へ

口臭をどこで治せばいいのかお困りではありませんか?

先日、KBCテレビ  「アサデス。」   で口臭治療の専門家として取材を受けました。





口臭でお悩みの方、是非、田尻歯科へご相談ください。

田尻歯科のホームページは こちら です。


  

Posted by MOTO at 10:03Comments(0)歯科

2013年04月04日

歯ブラシはいつ発明されたか?

毎日使っている歯ブラシ、これっていつ発明されたのでしょうか?

それは、大昔です。1498年、中国の皇帝が世界初の歯ブラシを使い始めました。

この歯ブラシは、骨や竹の台に豚の固い毛をかまぼこ形に植え付けたものだったそうです。

形は今の歯ブラシに近いのですが、材料は全く違いますね。

しかしながら、歯の衛生という考えは、この頃から向上し始めたようです。

それから数々の改良を重ねて、より現代的な歯ブラシになってきたのが、1844年、Meyer Rhein氏が考案した

表面がギザギザになるように植え付けた毛の固まりを3列に並べた歯ブラシで、その特許を取得しました。

また、第1次世界大戦中にはセルロイド・プラスチック製の取手が登場しました。

そして1938年には、『Dr. West’s Miracle-Tuft Toothbrush』が登場し、これは米国DuPont社が新しく発明した

プラスチック製の取手にナイロンで作った毛を持つ歯ブラシでした。

さて、2003年、米国人を対象に自動車、パソコン、携帯電話、電子レンジ、それに歯ブラシの中から、

それがないと生きていけない発明品は何かを尋ねる調査が実施されました。

結果は、新しい発明品ほど順位が低かったようで、2位は約100年前に発明された自動車。

そして1位はなんと!500年も前に発明された歯ブラシでした。

歯ブラシは成人回答者の42%、10代の回答者の34%から票を獲得したそうです。

日本で同じ調査をすると違う結果になったかもしれませんが、みなさんはこの5つのうちどれが一番必要ですか?













成人が歯を失う原因は歯周病です。

ギネスブックにも ”人類が最も多く罹患している病気は歯周病である” と認定されています。

歯周病は口腔内の細菌感染によって起こります。

口臭も歯周病と同様に細菌感染によるものです。

毎日、お口の中は細菌が充満しており、健康維持のためには口腔ケアは非常に重要です。

お口の中の細菌を除菌できたなら、歯周病や口臭などの悩みを解消できるのではないでしょうか?

当院は歯周病と口臭の治療と予防に力を入れております。




口臭外来を行う歯学博士の立場で開発・監修した口腔化粧品テュア。

ネット通販で販売中↓



ケンコーコム です。

詳しい情報は こちら をご覧ください

  

Posted by MOTO at 14:49Comments(0)歯科

2013年03月28日

お口の細菌は血液内へ侵入する!




人の口の中へ手を突っ込むなんてことできませんよね?

なぜなら、お口の中は細菌だらけで汚いからです。

さて、お口の中の細菌が血液の中まで入ってしまうという事実をご存知でしょうか?

くわしくは こちら をご覧ください。










成人が歯を失う原因は歯周病です。

ギネスブックにも ”人類が最も多く罹患している病気は歯周病である” と認定されています。

歯周病は口腔内の細菌感染によって起こります。

口臭も歯周病と同様に細菌感染によるものです。

毎日、お口の中は細菌が充満しており、健康維持のためには口腔ケアは非常に重要です。

お口の中の細菌を除菌できたなら、歯周病や口臭などの悩みを解消できるのではないでしょうか?

当院は歯周病と口臭の治療と予防に力を入れております。




口臭外来を行う歯学博士の立場で開発・監修した口腔化粧品テュア。

ネット通販で販売中↓



ケンコーコム です。

詳しい情報は こちら をご覧ください

  

Posted by MOTO at 09:16Comments(0)歯科

2013年03月14日

花粉症と唾液



まだまだ、花粉症で悩まされる季節ですね!

花粉症にまつわるアレコレをブログアップしました。

花粉症と唾液には意外な関係があるようです。

くわしくはこちらをご覧ください。









成人が歯を失う原因は歯周病です。

ギネスブックにも ”人類が最も多く罹患している病気は歯周病である” と認定されています。

歯周病は口腔内の細菌感染によって起こります。

口臭も歯周病と同様に細菌感染によるものです。

毎日、お口の中は細菌が充満しており、健康維持のためには口腔ケアは非常に重要です。

お口の中の細菌を除菌できたなら、歯周病や口臭などの悩みを解消できるのではないでしょうか?

当院は歯周病と口臭の治療と予防に力を入れております。




口臭外来を行う歯学博士の立場で開発・監修した口腔化粧品テュア。

ネット通販で販売中↓



ケンコーコム です。

詳しい情報は こちら をご覧ください

  

Posted by MOTO at 09:25Comments(0)歯科

2013年02月14日

バレンタインデーといえば・・・



本日はバレンタインデーですね。

チョコレートをたくさんいただいた方も多いかと思います。

チョコレートといえば、むし歯を連想するかもしれませんが、実は・・・。

本日はチョコレートにまつわる話です。



詳しくは こちら をご覧ください。






インプラント治療を行っても、口腔ケアが不十分だと長持ちしません。

成人が歯を失う原因は歯周病です。

ギネスブックにも ”人類が最も多く罹患している病気は歯周病である” と認定されています。

歯周病は口腔内の細菌感染によって起こります。

口臭も歯周病と同様に細菌感染によるものです。

インプラント治療前後での口腔ケアは重要です。

当院は歯周病と口臭の治療と予防に力を入れております。




口臭外来を行う歯学博士の立場で開発・監修した口腔化粧品テュア。

ネット通販で販売中↓



ケンコーコム です。

詳しい情報は こちら をご覧ください。

  

Posted by MOTO at 11:14Comments(0)歯科