2013年10月19日

スポーツドリンクで歯がしみる!



今年の夏、ペットポトル症候群なるものが話題となりましたが、それと関連のある話をご紹介します。

ペットボトル症候群とは糖分の多いスポーツドリンクなどを熱中症対策として、飲み過ぎ、高血糖状態になることをいいます。

先日、「歯がしみる」という主訴で小学生の患者さんが来院されました。この患者さん、むし歯などはなく、健康そのものですが

唇がカサカサで唾液もネバネバしており、常に口が乾燥した状態でした。


①スポーツをしていてスポーツドリンクを多量に毎日飲んでいますか?

②スポーツをする上で、プレッシャーなど何かストレスを感じることが多いですか?

この2つの質問をしたところ、2つともに「はい」でした。

このことより酸蝕症による知覚過敏であると推測しました。


酸蝕症とは、酸によって歯のエナメル質が溶かされることです。

虫歯の原因は細菌と糖質によってできる酸ですが、酸蝕症は食べ物や飲み物、あるいは食品添加物に含まれる酸が原因です。

酢や柑橘類のほか、スポーツドリンクをはじめとする清涼飲料水にも酸が含まれます。

お口の中が酸性になっても普通は唾液で中和され、唾液中のミネラルで修復され、元に戻るのですがこの患者さんの場合、

スポーツをしている時のプレッシャーで緊張状態が続く、唾液がうまく出ないので長時間、歯が酸にさらられたままになっていたのです。

また、几帳面な方は唾液が出て中和される前に歯磨きをしますので、酸性状態が続き、さらに歯ブラシで摩擦されると、

歯が溶けたり削られたりします。


このようなスポーツドリンクによる酸蝕症の予防方法は飲み物を水のみにする事、飲食直後の歯みがきを禁止、

キシリトールガム等を食後に噛み唾液分泌を促進する等です。

この患者さんの場合もそうですが、日頃から緊張するような場面が多い方は唾液分泌が低下するので、

プレッシャーなどのメンタル面のケアも必要と考えます。

知らない所に潜んでいる歯のトラブルは多いですね!




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


田尻歯科医院は口臭治療を行っております。

口臭予防のヒントはこちら



過去のセミナー、メディア取材は   コチラ
  

Posted by MOTO at 11:00Comments(0)歯科

2013年10月12日

田尻歯科の口臭外来の特徴は?

今週も口臭外来を行いましたが、田尻歯科の口臭外来 の特徴についてご紹介します。





口臭に悩む方の行動パターンとして、まず口臭に効果がありそうな歯みがき粉やリンス、舌みがき等様々な方法を

試してみます。ところが中々これで治らない。


となると、歯科を受診します。

むし歯や歯周病を治せば口臭が減るはずと思い、すべてきれいに治してくださいという希望で治療を行います。

しかし、口臭が消えないし、気になる。

治療終了したのになぜと思い、歯科の先生に口臭が気になるのですが?と尋ねます。

先生はきちんと治療してますから気のせいですよと言われる。

またまた、口臭に悩む方はなぜ?なぜ?なぜ?となるのです。










当院の口臭治療は口臭を無臭化するのはもちろん、口臭に悩む方が希望しているゴールを目指します。

それはなにか?

口臭によって起こる不安を解消し、社会生活を気持ちよく送ることができる状態にすることです。

人とも話せない、他人の仕草が気になる、口臭が気になり職場でいつも緊張している等、

社会生活がままならない状態からの脱却のお手伝いをするのが特徴です。






どこに行っても治らないとあきらめている方は一度ご相談ください。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


田尻歯科医院は口臭治療を行っております。

口臭予防のヒントはこちら



過去のセミナー、メディア取材は   コチラ
  

Posted by MOTO at 10:57Comments(0)口臭の治療方法

2013年10月05日

歯はできるだけ削らない方がいい!?

歯科で治療した歯には寿命があり、一生使える詰め物や被せ物は非常に少ないのです。

1995年の口腔衛生学会誌によるとレジンと呼ばれる樹脂で埋める材料で5年、

インレーという金属で埋める治療で5~6年、

歯を全体を覆うように被せる冠で8年という発表がありました。

このことから、若いころに被せものをされた歯は健康な歯に比べて、10年間で約8倍歯を抜かれるリスクがあるそうです。

また、30歳代で被せ物をされた歯は約6倍抜かれる確率が高いというデータが発表されています。












歯を失わないためには、むし歯にしないというのが最良の策です。

そのため、今の歯医者さんはもし、むし歯になったら出来るだけ歯を削らない方法を考えます。

みなさんのお口の中に治療してしまった歯があれば、最善の予防策を日々行う必要があるのはいうまでもありません。

治療している歯が多い方は、一度、かかりつけの歯医者さんに相談してみましょう。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


田尻歯科医院は口臭治療を行っております。

口臭予防のヒントはこちら



過去のセミナー、メディア取材は   コチラ
  

Posted by MOTO at 09:15Comments(0)歯科

2013年10月01日

幼稚園でフッ素うがいしてます!

月初めは田尻歯科医院が園医をしている幼稚園のフッ素うがい液の交換日。

ちょうど、昨日のお昼休みに幼稚園へ伺いましたのでその様子をご紹介します。



こんな具合にフッ素うがい液を用意します。



歯ブラシには何もつけずにブラッシングし、その後フッ素うがいをします。

楽しそうに口腔ケアを行ってますね!

集団的なむし歯予防はこの方法を取っております。

個人個人の予防方法はまた別のやり方がありますよ。








☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


田尻歯科医院は口臭治療を行っております。

口臭予防のヒントはこちら



過去のセミナー、メディア取材は   コチラ
  

Posted by MOTO at 10:03Comments(0)むし歯予防