› 福岡・北九州、歯周病、インプラント、口臭治療の田尻歯科ブログ › 歯周病 › 京都国立博物館の国宝展へ行きました

2017年10月10日

京都国立博物館の国宝展へ行きました



連休中、京都国立博物館へ行きました。

教科書で見た事のある国宝、

素晴らしい作品の数々、

いい経験となりました。


その中でも、特に印象に残ったものは、

病草紙(やまいのそうし)という作品です。

これは、平安時代(12世紀)のもので様々な奇病の絵巻物です。

その中に歯槽膿漏(現在の歯周病)が紹介されており、

食事の際、歯のぐらつきを気にする様子が描かれています。

昔から歯周病で困っていて、奇病だったのですね。


歯周病は痛みなどの自覚症状がなく、

進行すると歯のぐらついてきます。

この時点では手遅れになる場合もありますので、

日頃から十分、ご注意ください。






歯学博士、日本口臭学会認定医が開発した

口腔化粧品テュアの情報は


こちら




田尻歯科のホームページは こちら






同じカテゴリー(歯周病)の記事画像
妊産婦歯科健診を受けましょう
高齢者介護施設で歯周病の研修会
口のネバネバ感はなぜ起こる?
肺炎予防は歯みがきから
妊産婦の方はご注意ください
歯周病は肺炎のもと!?
同じカテゴリー(歯周病)の記事
 妊産婦歯科健診を受けましょう (2019-01-28 08:59)
 高齢者介護施設で歯周病の研修会 (2018-09-22 14:15)
 口のネバネバ感はなぜ起こる? (2017-10-24 17:35)
 肺炎予防は歯みがきから (2017-10-18 10:20)
 妊産婦の方はご注意ください (2017-09-22 11:20)
 歯周病は肺炎のもと!? (2017-08-30 09:18)

Posted by MOTO at 10:43│Comments(0)歯周病
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。